むくみは万病の元

体がよくむくむという悩みをお持ちでしょうか。一度むくみ始めると、細胞へ養分を取り入れたり、老廃物の排出したりということも上手くいかなり、悪化しやすくなります。

あまりひどい場合でしたら、病院で血液検査等を受けた方がいいかもしれません。むくみは慢性化しやすいです。

むくみは浮腫(ふしゅ)と呼ぶこともありますが、これは医学的な用語です。

たかがむくみと侮っていてはいけません。それが重大な病気に繋がっているかもしれません。症状が長引くようであれば、一度医師に相談するようにしましょう。むくんでいるときに気をつけなければならないのは、傷口から細菌が感染しやすくなるので、皮膚を傷付けないで清潔にするよう心がけましょう。むくみが出るパターンは色々あります。

女性の方でしたら、妊娠中や月経時にむくむこともありますし、過労などによってむくむこともありますし、腎臓や肝臓、栄養障害や血行障害、心臓等の機能低下が要因となっていることもあります。

ここで少し考えてみましょう。むくむとはどういうことでしょうか。むくむというのは、手足・顔などの皮膚の下に、血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみだして、溜まった状態のことをいいます。

顔と足のむくみは症状として特に多いです。

鏡を見たときにむくんでいることに気付くことがよくあります。

顔でしたら目や頬・顎のラインなどに朝起きたときに出ていることがありますね。足でしたら靴を履いた時に痛みがあったりしてわかります。

不規則な生活習慣であったり、過労からむくむのではなくて、要因がはっきりしない場合は、どこか病気の可能性もあります。